マブハイブログ

初心者がブログ収益化させる過程を配信する雑記ブログです。

“【Kindle本ストア8周年キャンペーン】KindleUnlimitedが2ヶ月99円で読み放題”
“【ドメインパワーを上げる方法とは?】初心者が開始4ヶ月で上げた方法”
“100記事毎日更新って意味あるの?初心者が実践したので結果報告”
“PVや回遊率を爆上げ!まとめ記事のメリット〜作り方を解説”

妻が30歳で卵巣腫瘍の手術した時の話

広告

 

f:id:mabuhayblog13:20200814200518j:plain

 

若いからって安心しないで!妻が30歳で卵巣腫瘍の手術をした時の話。

 

これは6年前の話なんですけど、当時妻が下腹部が痛いから病院に行くと言っていた。

 

女性の体のことはよく分からないので、「まあ、大したことないだろう」と考え、いつも通り仕事に出かけたんですが、夜家に帰ると妻が「別の病院を紹介されたから一緒に行って欲しい」との事だった。

 

その時点でちょっと嫌な予感がしたので、仕事を休んで病院へ連れて行くことに。

 

病院で精密検査

色々検査して出た結果が卵巣腫瘍。

 

医者曰く「普通このサイズになってたら立ってるのもきついと思うんだけど」

 

正直そこまで酷い状態だとは思っていなかったのと、一切気づけなかった自分に非常に腹が立ったのを覚えています。

 

手術をすることになり、先生と手術日を相談しその日は帰宅しました。

手術日前日から入院

手術前の準備とかがあるらしく、前日から入院しました。

 

病院に連れて行った後に市役所に行き、高額医療費の限度額認定証の手続きをしに行きました。

 

これは医療費が高額になりそうな時に事前に手続きをして、病院の窓口に出せば自己負担負担限度額までの支払いになる制度です。

 

詳しくは関係機関に問い合わせてください。

 

手術の時

仕事を休んで朝から病院へ行き、手術中待機していたら看護婦さんから呼ばれ手術着を着て中へ入ったんですが、その時の痛々しい姿は今でも覚えています。

 

そこで先生から

「MRIで見たより腫瘍が大きく、残しておくと再発する可能性が高いです。卵巣は一つだけでも妊娠することは可能ですが、切除しますか?それとも腫瘍部分だけを取り除きますか?」

 

と聞かれました。

 

切除しなくてはいけません!

 

と言われればまだ楽だったんですが、僕に「人の体の一部を切除するか決めろ」って言われても決めれません。

 

ですが手術中の為、その選択であまり時間をかけるわけにもいかないのです。

 

読者様が僕の立場だったらどうしてましたか?

 

僕は腫瘍部分だけを切除する選択をしました。

 

後から妻にその話をしたら再発する可能性があるなら取ればよかったじゃん

と軽く言われました。

 

悩んだ時間返せや。

 

手術後

手術後は飲食禁止だったんですが、当然人間ですので喉が乾きます。

 

看護婦さんからは水分を含ませた脱脂綿を、口に含ませる程度にしてください!と言われ、そうしてたんですが、そんなので足りるわけがなく、水分を欲するわけです。

 

あげたらいけないのですが、目の前で辛そうにしてるのを見ると耐えられず、脱脂綿に含ませては口に運ぶという動作を繰り返していました。(内心これ飲んでるのと一緒じゃんと思っていたのは内緒の話)

 

入院中

会社の人に状況を説明し、仕事を調整してもらって病院には仕事終わりに毎日行っていました。

 

日曜日に子供と一緒に病院に行った時、お昼時になりコンビニに弁当を買いに行き、妻に気を使って病室の外で食べようと思い、子供を病室に呼びに行ったら子供がそこで食べるという暴挙に出ていました。(空気読めやって思ったのは内緒の話)

 

現在

2年間薬を飲めば再発する可能性は30%まで下がりますと言われ、それでも30%は残るのか。

と思いましたが、今の所再発はしてないです。

 

幸い医療保険に加入していたので、入院代とかの負担はありませんでした。

 

女性の方は若いからと過信せずに定期検診などを受けることをお勧めします。

 

また、旦那さんも普段から奥様の体調を気遣ってあげてくださいね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました(⌒▽⌒) 

 

マブハイブログ

このブログでは、フィリピン関連、在日本のフィリピン人の方に役立つ情報、日常の出来事や私の趣味であるバイク関連の情報を配信しています。ページ下に【サポートする】ボタンがあります。こちらは100円からできる投げ銭システムになります。「この記事が役にたった」と思ってくれた方は、協力して頂けたら大変嬉しいです(⌒▽⌒)

記事のシェア、Twitterフォローして頂けると励みになります。

f:id:mabuhayblog13:20200829211812j:plain

このエントリーをはてなブックマークに追加