フィリピンの知っておきたいトイレ事情5選

フィリピン

フィリピンの知っておきたいトイレ事情5選

こんにちは!マブハイブログ管理人です。

 

今日は、フィリピンのトイレ事情についてお話ししようと思います。

 

僕は、初海外がフィリピンでした。

 

マブハイ
トイレなんて世界共通でしょ!

 

こんな感じで深く考えていなかったのですが、フィリピンへ行った時に、びっくりすぎるぐらいのカルチャーショックを受けたのを覚えています。

 

もしフィリピンへ行ったことがない方が、僕と同じ目に合わないように記事にしましたので、一度予習がわりに読んでいただけると嬉しいです。

 

こんな方にオススメの記事です!

フィリピンに行ったことがない人。
フィリピンのトイレ事情を知っておきたい人。

 

フィリピンのトイレ事情

フィリピンのトイレ事情

 

マブハイ
ちょっとお腹痛いからトイレ
マブ嫁
cge(OK)
マブハイ
ナンジャコリャー!!!

 

初めての、フィリピンのトイレデビューはこんな感じでした。

 

確かフィリピンのトイレデビューは飲食店だったと思いますが、第一印象は

 

マブハイ
汚すぎワロタ

 

空港やホテルなどは、綺麗に清掃されてますが街中にあるトイレなどは、ちょっと汚いですね。

 

また、知っておかないと困ることもありますので紹介して行きます。

 

紙がない

 

デパートや飲食店などのトイレは、基本的には紙はありません。

 

SMデパート(大手スーパー)などでは外に紙の自動販売機が置いてるところもありますが、滅多にないのでトイレットペーパーは、常に持ち歩いといたほうがいいです。

 

初フィリピンの時、自動販売機で紙を買って、使おうと思って開けたら女性が使う物だったことがあります。

 

マブハイ
、、、詰んだ

 

そのまま出てきたのはここだけの話。

 

便座もない

 

フィリピンのトイレは便座がありません。

 

たまに便座があるところもありますが、不衛生なので、使い捨ての便座シートを持ってたほうがいいでしょう。

 

基本は洋式トイレの上に、ヤンキー座りしてするスタイルです。これに慣れるのに苦労しますww

 

しかも家でやるときもこれなので、滑って落ちるんじゃないかと思い、最初の頃は空気椅子でやっていました。

まあ、慣れれば大したことないので頑張って慣れましょう!

 

紙流せない

 

フィリピンのトイレは、水圧が弱く下水管が細いので紙を流せません。

流せるところもあるんですが、日本の感覚で1度に流すと確実に詰まります。

 

ホテルなどでも流せないとこ多いです。

トイレの脇に紙入れみたいな箱がある場合は、紙をそこに捨てます。

 

できるだけ紙を使わないようにするために【携帯ウォシュレット】は必須品です。

 

ない場合は流せるところなので、こまめに流しましょう。

(水圧弱いのですぐには流せません)

 

場所によっては水で洗うスタイル

 

観光で行く場合あまりこのスタイルのトイレに出くわすことないんですが、ローカルのところに行くとたまに見かけます。

紙を捨てるところもなく、ドラム缶とバケツがおいてあります。

 

もう使い方は分かりますねww

 

マブハイ
紙を使わないからめっちゃエコww

 

有料の場所がある

1度、子供と買い物をしていて

 

マブジュニア
トイレ行ってくる
OK
マブハイ

 

ー3分後

マブジュニア
5ペソちょうだい!
マブハイ
トイレで金かかるの?

 

こんなエピソードがありました。

 

ローカルのデパートなんか行くとたまに、トイレの前に人がいて5ペソ徴収されるトイレもあります。

この人たちは決して勝手にやってるわけではなく、お店の人です。

 

多分開放すると何かがあるんでしょうね。

素直にお金を払いましょう。

 

フィリピンのトイレ事情:まとめ

フィリピンのトイレ事情:まとめ

 

フィリピンの公衆トイレは、あまり衛生的によろしくないです。

 

用を足す時は、なるべくホテルなどで済ましてから行動するのがベストです。

 

ただそうは言ってもどうしようもない時もありますので、紙、便座シート、携帯ウォッシュレットを日本から持ち込むことをオススメします。

 

 

本日は【フィリピンの知っておきたいトイレ事情5選】でした。

 

最後までお読み頂きありがとうございました(⌒▽⌒)

 

  • この記事を書いた人
マブハイブログ管理人

マブハイブログ管理人

2020年7月より完全初心者でブログ開設。ブログに熱中するあまり趣味がブログになる。20歳でフィリピーナと結婚。今年で結婚16年目。フィリピンの事や日常のあれこれを書いています。

-フィリピン

© 2020 マブハイブログ