マブハイブログ〜二十歳でフィリピーナと結婚した男の人生録〜

二十歳でフィリピーナと結婚した男の日常生活を配信しています。

しつけと虐待の違い

広告

f:id:mabuhayblog13:20200806191225j:plain

しつけと虐待の違い

この記事は、ネグレクトと虐待問題について考える(体験記あり)

親に虐待された過去を話しますの続きです。

また捉え方や考え方は人それぞれだと思います。読んでいて気分を害すようであればページを飛ばして頂くようお願いします。

しつけと虐待の違い

正直これはかなり難しいですね。お尻ペンペンがしつけなのか、虐待なのかが僕には分かりませんが、大事なのは怒った後のケアだと思います。子供だって自分の為に怒っているのか、ただ怒りをぶつけられているのかぐらいはわかると思うんです。だから僕は怒ったあとはなぜ怒ったのかを説明するようにしています。これが正しいやり方かどうかは分かりませんが。

子供に思うこと 

当然、僕のようにはなって欲しくない。なるべく好きなようにやらせています。ただやはり子供なので、言う事を聞かないときもあります。なるべく悟すように話してはいますが、怒鳴ってしまうときもあります。何回言ってもいうこと聞かない時は、これくらい僕はやられてたから全然いいだろうという感情が出てしまい、手が出てしまいそうになります。これが虐待を受けたことのある子供の心理です。

多分負の連鎖はこうして生まれていくのだと思います。子供には将来、自分のやりたい事をやって欲しいですね。

今親に思う事

<産むだけだったら動物でも出来る>と誰かに言ったら、それでも母親なのには変わりはない。といわれましたが、今でも考えは変わりません。やはり貧乏してでも、大人になるまで面倒見てこそ親だと思っています。生物学的には親であっても、心の底から親だとはどうしても思えないのです。よく自分で「僕は家族というものに対しての感情が欠落しているのではないか」と本気で悩み病院行こうかと思いましたが、家族思いで陽気な妻と一緒にいるおかげで、少しずつ変わってきたような気がします。

自分自身に思うこと

過去は変えれないので、貴重な経験が出来たと思うようにしています。人それぞれ苦労した事がると思うので、それが虐待だったと考えるようにしています。たらればの話をしていても意味がないので、今後自分と自分で築いた家族が、どうしたら幸せに生きていけるかを考えて日々過ごしています。

最後までお読みくださりありがとうございました。次回からは再び明るい話題を書いていこうと思っていますので、お時間ありましたらブログを覗きにくれるとありがたいです。

今回は真面目なお話でした!