マブハイブログ

初心者がブログ収益化させる過程を配信する雑記ブログです。

“【Kindle本ストア8周年キャンペーン】KindleUnlimitedが2ヶ月99円で読み放題”
“【ドメインパワーを上げる方法とは?】初心者が開始4ヶ月で上げた方法”
“100記事毎日更新って意味あるの?初心者が実践したので結果報告”
“PVや回遊率を爆上げ!まとめ記事のメリット〜作り方を解説”

フィリピンの日本人不法滞在

広告

フィリピンの日本人不法滞在者が増加中

 

フィリピンでホームレスになってる日本人がたくさんいるらしいよ

f:id:mabuhayblog13:20200726182641j:plain



皆さんは困窮邦人というのを知っていますか?

困窮邦人とは、海外で生活が困窮している日本人のことです。

困窮していると言っても、ただ単純に貧乏しているというレベルではなく、仕事もお金もなく最悪ホームレス状態まで陥っている人のことです。

いろんな事情があるとは思いますが、この記事では主にフィリピンでお金がなくなり、困窮に陥ってしまった日本人の方について、書こうと思います。

 

 マニラだけで300人以上!?

現在、困窮邦人はマニラだけで300人以上いると言われています。

ものすごい数ですよね!これだけの数の人たちがフィリピンで心優しいフィリピン人の家に居候させてもらったり、ホームレスのような生活をして日々過ごしています。

このような方々は、もうすでに何年も在留しているためパスポートが失効してしまっている人が多いです。

 

困窮に陥ってしまった理由

だいたいの理由が、お気に入りのフィリピーナを追いかけて、フィリピンに移住する目的でフィリピンに渡り、騙されるか、お金を全部使われてポイされたかの2パターンだと思いますね。

計画的にお金を貯め、リタイア生活をフィリピンで過ごすためにフィリピンに渡った方で困窮に陥ってしまった方は、あまりいないのではないでしょうか。

 

 

日本大使館の援助はほぼない

こういう話を聞くとたまに、大使館に行き助けを求めたら?って声がありますが、大使館は助けてはくれません。

 

なぜなら、自分の意思でフィリピンに行き、お金を使い果たした人を助ける義務がないからです。ドロボーにあい、不意にお金がなくなった場合とは理由が違います。

(上記のパターンでどこまで援助してくれるかはわかり兼ねますが、もしものためにパスポートのコピーと旅行保険は加入しといたほうがいいです)

 

また、日本大使館へ助けを求める困窮邦人の方は毎日のようにくるようです。

一人一人まともに対応していたら、大使館はとんでもない額を支出する事になるでしょう。

 

援助してくれるものといえばせいぜい、日本へ電話をかけさせてくれるのとオーバーステイの罰金の免除を、フィリピンサイドのイミグレに頼んでくれる程度でしょうか。こういう方々はだいたい日本に頼れるかたがいないので電話しても、お金を送ってくれる人がいないので結局フィリピンに、居続けるしかないというのが現状です。

 

困窮邦人にならないために

 

これが一番重要ですね。あらゆるパターンを想定して僕なりの対応策を書いていきます。

(個人的な意見ですので、あくまで移住は自己責任で)

 

お金の管理は自分

お金の管理は自分でしたほうがいいと思います。

だいたいの方が、パートナーに丸投げしお金がなくなるパターンが多いような気がします。

パスポートは新規で作ろう

パスポートは期限の残りに余裕があっても、条件付きで切替申請できます。フィリピンへ行く前に切替申請しといたほうが、良さそうです。またフィリピンに行った時は、肌身離さず持っておきましょう。

仕事を見つけよう

なかなか英語が喋れないと難しいですが、仕事を見つけてから移住したほうがいいと思います。最悪お金がなくなっても定期的な収入があれば行きていけますからね。

 

オープンチケットを買っておこう

オープンチケットとは帰りの航空券を最大1年間、好きなタイミングで選べるチケットのことです。1年のチケットがあれば最悪の場合でもなんとかなりますね。

せっかく移住することを夢見て、フィリピンに渡っても、フィリピンで困窮してはなんの意味もありません。

皆さんが信頼できるパートナーと出会えますように!

今日は困窮邦人についてでした。