マブハイブログ

初心者がブログ収益化させる過程を配信する雑記ブログです。

“【Kindle本ストア8周年キャンペーン】KindleUnlimitedが2ヶ月99円で読み放題”
“【ドメインパワーを上げる方法とは?】初心者が開始4ヶ月で上げた方法”
“100記事毎日更新って意味あるの?初心者が実践したので結果報告”
“PVや回遊率を爆上げ!まとめ記事のメリット〜作り方を解説”

僕がやった粉瘤(ふんりゅう)が出来やすい体質の改善方法

広告

f:id:mabuhayblog13:20200807201113j:plain

 

粉瘤(ふんりゅう)というのをご存知でしょうか?

 

なった人はもちろんわかると思いますが、簡単に説明すると、ニキビが化膿して巨大化したやつです。

 

正確には皮膚の中に袋ができ、そこに角質や皮脂が溜まり腫れるものです。

 

破れるとかなり臭いです。そして何より

 

めっちゃ痛い!!!!(-.-;)y-~~~

 

体験した人しかわからないと思いますが、かなり痛いです。

 

僕はかれこれ30個ぐらい出来ました。

 

毎年5月ぐらいになると必ず出来てたんですが、今年はできなかったです。

 

今までと何か変わった事をしたのかと思い返したら、思い当たる節があったので参考になれば幸いです。

 

あくまで僕が思い当たる節の話です。粉瘤は放置しておいてもいい事ないので病院に行く事をオススメします。

 

 

粉瘤とは?

 アテローム(粉瘤・ふんりゅう、アテローマ)とは、一般的に“しぼうのかたまり”と呼ばれることがありますが、実は本当の脂肪の塊ではありません。皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が、剥げ落ちずに袋の中にたまってしまってできた腫瘍の総称です。ですから、本当に脂肪細胞が増殖してできた良性腫瘍の脂肪腫とは全く異なるものです。

引用元:アテローム(粉瘤)ー皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

 

 

 

粉瘤が出来る原因

原因はよくわかっていないそうです。

 

どの病院行っても「体質かなー」って言われました。

 

ただ僕の場合、兄貴も出来やすいです。

 

遺伝も関係してるのかもしれません。

 

また毛穴が開き気味のような気がします。

粉瘤のできる場所

いろんなところにできます。顔や首、お尻当たりが多いです。

>粉瘤の処置方法

僕が経験した処置方法を紹介します。

抗生物質を飲む

大体小さくなるのに10日ぐらいかかります。

 

でも袋が残っているので、再び同じ箇所が化膿する可能性が高いです。

皮膚科でメスで切って膿を出してもらう

小さい病院だと切ってもらえませんが、大きい病院に行くと切ってくれるところもあります。

 

ただこれも中の袋は残ったままなので、一時的には無くなりますが、再化膿する可能性があります。

形成外科で手術する

ガチの手術です。手術着に着替えて台に載せられるやつです。

 

手術時間は麻酔こみで30分かかりません。

 

麻酔を粉瘤に直接打つので、それがめっちゃ痛いです。

 

傷跡が残りますが、袋を摘出するので、同じ箇所にできることは稀です。

(僕は手術しても、同じ箇所に2回できました)

自分で切る

絶対やめてください。

 

余計化膿しえらい事になります。

放置

放置して小さくなる時もありますが、痛い時間が長いだけですので、病院行くのをお勧めします。

僕がやった体質改善方法

正確にはやったんじゃなくて、思い当たる節ですね。

 

僕の場合ですので、必ずしも皆さんに当てはまるものではありません。

 

僕もまた出来る可能性は十分あります。

お酒をやめた

毎年5月のGW付近で出来てたのですが、3月にお酒をやめてから1回も出来てないです。

 

水をよく飲むようになった

今僕は、コーヒー、水、お茶、オレンジジュースしか飲んでいません。

 

特に水は1日1リットルは飲んでいます。

 

 

 

あまり肉を食べなくなった

年も関係あるのと思うんですが、油っぽいのが食べれなくなり、さっぱりしたものを好むようになりました。

 

 

カゴメ 野菜一日 これ一本 200ml×24本
 

 

まとめ

正直上記の行為が効果があったかどうかは分かりませんが、粉瘤がよくできて困っている方は一度試してみるのもいいかもしれません。

 

今日は粉瘤のお話でした。

 

最後までお読み頂きありがとうございました(⌒▽⌒) 

 

マブハイブログ

このブログでは、フィリピン関連、在日本のフィリピン人の方に役立つ情報、日常の出来事や私の趣味であるバイク関連の情報を配信しています。ページ下に【サポートする】ボタンがあります。こちらは100円からできる投げ銭システムになります。「この記事が役にたった」と思ってくれた方は、協力して頂けたら大変嬉しいです(⌒▽⌒)

記事のシェア、Twitterフォローして頂けると励みになります。

f:id:mabuhayblog13:20200829211812j:plain

このエントリーをはてなブックマークに追加