マブハイブログ

初心者がブログ収益化させる過程を配信する雑記ブログです。

“【Kindle本ストア8周年キャンペーン】KindleUnlimitedが2ヶ月99円で読み放題”
“【ドメインパワーを上げる方法とは?】初心者が開始4ヶ月で上げた方法”
“100記事毎日更新って意味あるの?初心者が実践したので結果報告”
“PVや回遊率を爆上げ!まとめ記事のメリット〜作り方を解説”

ハーフなのにオーバーステイ?

広告

ハーフなのにオーバーステイ!?

 

 

これは我が家で起こった実話です。

 

フィリピン人と日本人のハーフなのに、フィリピン出国するときに、日本人扱いで、マニラ出国する時オーバーステイで罰金になりました。

フィリピン人とのハーフでフィリピン生まれなので、当然フィリピン国籍も持っているのですが、オーバーステイとなりました。

なぜそんな事になるのか詳しく説明します。

 

 

f:id:mabuhayblog13:20200710203150j:plain呼んだ?

 

パスポートの問題

我が家のおチビちゃんはフィリピン生まれの帰国子女。

なので当然フィリピンにも出生届は出してありますし、日本にも出生届を出してあります。

つまり現在二重国籍保持者となるんですね。

フィリピンの日本大使館で、日本のパスポートを取得しました。その後、

 0歳で日本に来て、1歳でフィリピンに帰り、

3歳で日本に戻って来ました。

この往復で使ったパスポートが日本のパスポートで

日本に帰るときにオーバーステイとなりました。

 

日本のパスポートでフィリピンに入国し、

日本のパスポートで出国しようとしてるので

日本人が2年オーバーステイした。

 

空港のイミグレはこう解釈したようです。

 

我が家のおチビちゃんは、フィリピン国籍も持っているので、

そんなの関係ねえ

って思ってたんですが、関係ありました。ww

 

その時、妻が子供と二人で出国しようとしてて、

まさかそんな事になるとは思っていなかったので、

 

ママどーしたの?

金が足りんから出国できん!

ってなったそうです。幸い日本円を持っていたので

なんとかなったそうですが、うん万円取られたそうです。

なかったらガチで出国できなかったそうです。

 

解決策

パスポートを使い分ける!

日本人でもありフィリピン人でもあるので、

パスポートが二つ所持できる事になります。

 

フィリピンの出入国→フィリピンのパスポート

日本の出入国→日本のパスポート

 

これで両方自国民として認識されますので、問題ありません。

この事件をきっかけに我が家では、日本の在大阪フィリピン領事館で子供のフィリピンパスポートを取得しました。(取得する際はフィリピンでの出生証明書が必要です)

 

注意点

 

フィリピンの法律では1974年大統領令で

「すべてのフィリピン国民は、

出生および死亡の届け出を、出さなければならない」

と法律で決められてます。

 

フィリピン国籍の両親、またはフィリピン国籍の母親から出生した子供は

「どこで生まれても、出生を以ってフィリピン国籍を取得する」となっています。

 

日本で生まれたハーフの子供も

フィリピン人ですので、出す義務が発生すると

僕は解釈しています。

(解釈の相違があるかもしれません)

 

日本に住み、フィリピンには一生外国人として出入国をするつもりなら、出さない選択肢もいいかもしれませんが、決めるのは子供です。後から出そうと思うと、非常にめんどくさい事になるので、出しておいたほうがいいと思います。

 

日本は二重国籍を認めていない

日本では二重国籍を認めていません。

フィリピンでは、一度フィリピン人となれば、

他の国籍を留しても、フィリピン人であることを認めますが、日本では国籍選択を迫られる年齢になった時に、どちらかを選び、日本国籍を選択した場合

外国籍離脱の「努力義務」があります。

 

努力義務、、、

その解釈は読者様に任せます。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました!

salamat po.